西島まどかの温玉のせ。 (過去記事)

アクセスカウンタ

zoom RSS ちゃーん ちゃーちゃちゃー

<<   作成日時 : 2009/11/23 22:12   >>

トラックバック 0 / コメント 9

画像
贈呈式〜バイ森田さん。

森田さんが 本を執筆されました〜
「大手町は、なぜ金曜に雨が降るのか」
天気の本では ありません。
ビジネスの本です。
秀才、ってかんじがムンムンします

しかも
局内で森田さん自ら
セルフサイン即売会〜

今買ってくれたら安くしたげるっ

あれ?西島さんて名前なんだっけ

なんて言いながら せっせと。

しっかりサインも入れていただきましたよっ
本を出すって すごいことだよなぁあ


しかし森田さん
髪が乱れてますよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが天気の世界の第一人者だよね、森田さんは。 まどかchanの言うように、秀才なのかな、森田さんは。 それとも天才なのかなぁ。 いずれにしても、『道を極めている』からスゴイ。 そろそろ冬の足音が聞こえてきて、秋も終わりが見えてきたね。 競馬の世界も秋の終わりを告げるジャパンカップ、いよいよ佳境だね。 風邪ひかないように温かくして眠ってね。 お休みなさい。
west island
2009/11/23 22:42
久しぶりに森田さん見たあ梵フと変わったなあ 自分も歳を取ったってことやねぇ

2009/11/23 23:23
まどかちゃん、こんばんは。

確かに本を出すってすごいことですよね。すごいことなんだから髪の毛の乱れぐらい許してあげましょうよ(笑)

ちなみに僕はまどかちゃんの名前を片時たりとも忘れたことはございません(笑)
ミドリサニーデイ
2009/11/23 23:52
あらら、即売会、、、
まどかChanは特別無償でしたか?
贈呈式の曲って、結婚行進曲の出だしと同じ??:)
かまたン
2009/11/23 23:59
さすが森田さん、伊達にお天気界でブイブイ言わせてません。確かに、1冊本をまとめあげるのは、労力(能力)がいりますよねえ。
実は僕の親しい道産子おばさんのお兄さん(札幌生まれ)が、某超ベストセラーと同じ編集者担当で何冊か本を出しておりまして、僕にも「(紹介できるから)なんか書いたら?」なんて言ってくるのですが、しかしいったい何を書けばいいのやら?
まあこういうのは、自発的に何か、しっかりとした執筆意欲が起き(る人じゃ)ないと書けないですよね(当たり前か)。

ちなみに、森田さんの髪が乱れてるのは、わざとですよ。
それはですね、母性本能をくすぐる「技」なのです。僕もよくやるので間違いありません。ボタンをかけ違えたり、眼鏡を逆さまにかけたり、ご飯粒を口元に付けたままにしたり…。
というのは、冗談ですよ。真に受けないで下さいね!
ただ、髪だけはかなりのくせ毛なので、好き勝手にはねてることはありますが‥。
って、おれは今日もいったい何を書いてるのやら。作家への道は遠いようです。
ぜふ
2009/11/24 01:13
「ちゃーん ちゃーちゃちゃー」って、
贈呈式の音楽なんですね、
ほかの方のコメントを読んでわかりました。
私は、なんで「イクラちゃん」の台詞が書いてあるのか、わからなかった
目黒川権之助
2009/11/24 02:59
すごいですよね、本を出版されるなんて…。
いつかまどかさんも一人旅の本「日本の歩き方(笑)」を出されると良いですよ。
浩二
2009/11/24 19:26
初コメです。こんばんは。いつも楽しみに拝見させていただいてます。

たまに美浦トレセンでおみかけします。私も一応関係者になるのでしょうか?

知り合いの馬主さんの馬の調教を月に1回くらい見に行ってます。

このコメントを期にちょくちょくカキコしたいと思っていますのでよろしくお願いします。

しまじろ覚えておいてくださいね。そのうちトレセンで声かけますんで。
しまじろ
2009/11/24 22:19
あら!
森田さんの似顔絵がいい感じね
今日もお綺麗よ
これでいいのだ!
わんた
2009/11/24 22:59
ちゃーん ちゃーちゃちゃー 西島まどかの温玉のせ。 (過去記事)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる